1. ホーム
  2. 派遣社員の働き方
  3. ≫在宅ワークで派遣社員も時間にとらわれないライフスタイルができる

在宅ワークで派遣社員も時間にとらわれないライフスタイルができる


在宅ワークは大変さの中にもやりがいのある給与や仕事内容が充実

働く方の雇用形態には実に様々なものがあります。正社員、派遣社員、パート、アルバイト、契約社員などです。しかし、いずれも就業先に出向いて働くものばかりです。

仕事がしたくても、体が不自由な方、妊娠している方、家族などの面倒を診ていて自由に出歩けない方などはなかなか定まった仕事に就けないのが現状です。せっかくスキルや資格を持っていても、活かしきれていない方が多くいます。

派遣会社としても、就業先に出向かなくても働ける職種を用意し、埋もれた人材を発掘しようとしています。遅刻や無断欠勤などのリスクを回避できる狙いもあります。

今回の記事では、派遣社員が自宅でもできる「在宅ワーク」の給与面・仕事内容と大変さ・やりがいについてご紹介します。

自宅で電話注文?在宅テレコミュニケーターという仕事

女性でオフィスワークとして電話応対等の業務をしていたものの、出産や家庭の事情で仕事を辞めざるをえない方は多いです。

そのような方に、まずは自宅にいながらできる電話応対の職種「在宅テレコミュニケーター」をご紹介します。

給与面

東京で時給1,000円~1,300円程度です。1日に1、2時間ぐらいからでも可能で、すきま時間を利用して「細切れの時間」を合わせて収入に結びつける勤務スタイルです。

24時間いつでも勤務可能で、短時間で効率よく稼ぎたい方は深夜勤務がオススメです。

仕事内容

テレビショッピングや通販番組などで、お客様からの注文などを自宅にあるパソコンなどで受ける職種です。商品名、個数、お届け先、連絡先番号、氏名などを確認しながらの作業になります。

やりがい

パソコンや電話応対のスキルがあれば、その経験を活かすことができるのが魅力です。未経験の方でも、給与が支払われる研修を80時間程度受ければ実際の業務に就くことが可能です。

テレコミュニケーターという職種のやりがいには次のようなものがあります。

  • オフィスワークで培った経験を活かすことができる。
  • 商品についての質問に、迅速かつ丁寧に応えると感謝の言葉を受けることがある。
  • 忙しいお客様にとっても、24時間注文可能でそのニーズに対応できる喜びがある。

などです。

仕事の大変さ

電話というのはお互い顔が見えないだけに、言葉遣いには注意が必要です。

  • 急いでいる方、何らかの事情で会話がスムーズにできない方などを相手する必要があります。表情が見えないだけに、相手の声のトーンなどで感情を読み取り、常に冷静さを保つのが大変です。
  • お客様からのテレコミュニケーターの範疇(はんちゅう)を超える質問をされることがあり、対応に苦慮することがある。
  • 自宅といっても職場なので、仕事中は家族等から隔離される必要がある。

などです。

テレコミュニケーターの仕事は、いつでも自分の選んだ時間帯で勤務できるのでいいカモ。

テスト採点スタッフに登録し、派遣社員も「時給ではなく出来高払い」を体験できる

主に小学生や中学生向けに行われた、いわゆる「業者テスト」の採点スタッフの仕事です。

給与面

出来高払いで、試験の難易度や採点した量により給与が変わりますが、月数千円~2万円程度です。試験は土日祝に行われることが多いので、勤務は火曜日以降の平日になるのが一般的です。

仕事内容

業者テストの採点を行います。業者テストとは、進学塾が主催し、民間の学校の授業のない日(通常は土日)に学校施設を借りて行なう学力テストのことです。小学生と中学生では採点難易度が異なります。

セキュリティを完備した自宅パソコンに、ネット経由で送付されたテストの採点をします。

やりがい

  • 教員免許をもっている方、高学力の方が知識を活かせるのでやりがいがあります。
  • 進学を控える、小学6年生や中学3年生対象の試験では特に責任がのしかかります。

仕事の大変さ

  • 受験本番の試験ではありませんが、受験前の学力テストでは結果を見て受験生が進路決定の参考にしますので、ミスは許されません。
  • 試験問題が送付されてから納品まで3日間程度しか期間がないので、量によってはノルマがきつく感じることがあります。

テスト採点スタッフは、知識さえあれば平日の好きな時間帯で働くことができていいカモ。

まとめ

在宅ワークは知識とパソコンや電話応対などのスキルがあればできるのでいいカモ。

昔は在宅ワークといえば「内職」ぐらいしかありませんでした。単純作業を大量にこなしても収入は反映されませんでした。

仕事を発注する側から見て、在宅ワークは交通費などの費用を抑えることができ、必要な時だけ発注すればいいので余剰人員を抱えることもありません。

また働く派遣社員にとっても、時間にとらわれない働き方ができるのは勿論、外出しないので食事も自宅で済ますことができ無駄な出費もかかりませんし、わずらわしい人間関係とも無縁です。

今回の記事を読んで、在宅ワークを通して少しでも収入アップにつながればと思います。