1. ホーム
  2. 派遣社員の働き方
  3. ≫子育て中の主婦がライフスタイルを優先できるオススメの派遣の仕事

子育て中の主婦がライフスタイルを優先できるオススメの派遣の仕事


派遣社員は働く曜日や時間に制約のある主婦が活躍できる働き方

女性にとって子育ては生きがいですが、喜びも大きい反面苦労も絶えません。困った時に家族や親戚にいつでも子供の面倒を見てもらえればいいのですが、そういうわけにもいきません。

保育園等に預けることのできる時間帯以外は、常に側にいる必要があります。子供が小さい頃は急に熱を出すことが多く、保育園から「すぐに迎えに来てほしい」と連絡を受けることがあります。

子育て中の主婦が継続して働くには、派遣先の会社が子育ての事情を理解してくれることが前提です。

働くことのできる曜日や時間帯が限られているため、少しでも待遇のよい職種を探す必要があります。

今回の記事では、子育て中の主婦が派遣社員としてライフスタイルを優先できるおすすめの仕事をご紹介します。

語学力のある方におすすめの職種

この章では、語学に堪能な方がスキルを活かすことのできる職種をご紹介します。

旅行会社での営業サポート

旅行会社の営業部門で、語学力を活かして活躍できる職種があります。
航空券やビザの手配、また海外にある勤務する会社の海外支店やホテルなどに電話にて予約の確認等の業務を行います。

語学力だけでなく、パソコンや接客・電話応対など総合的なスキルが求められます。派遣先としても子育てを契機に人材を失うと、同じレベル以上の方を探すにも手間と費用がかかります。

旅行会社は相手先との時差もあり、様々な時間帯で働く社員がいます。その中で子育て中の主婦にとって都合のよい、平日の日中の求人が多く存在します。

グローバル企業での翻訳・通訳

グローバル企業では、海外のクライアントと応対や海外からの文書の翻訳など、高いレベルでの語学力が求められます。

国内外問わずクライアントとの対応は正社員の役目ですが、文書の翻訳などは平日の日中でもできる職種です。そのため子育て中の主婦の方でも安心して働くことのできる求人があります。

語学が堪能であれば、子育て中でも平日に効率よく働くことができていいカモ。

電話応対力を活かしたテレオペレータ

テレオペレータは、派遣社員として働く女性の代表的なものと言えます。特別な資格は必要ありませんし、仮に外国の方からの電話があったとしても、専用回線に転送するだけで済みます。必要なものは主に実務経験です。

通信販売等で、お客様からかかってきた電話に応対する職種です。テレオペレータの職種自体は土日祝関係なく、朝9時から夜9時ぐらいまでです。

しかし長時間勤務になると、精神的な負担が大きいため、1日4時間、週3~4日程度の求人が一般的です。

パソコンスキルがあれば、ビジネス街などでの就業の可能性アップ

パソコンスキルを活かすことのできる、オフィスワークについてお話しします。

データ入力が中心の一般事務職

事務職は職種自体が平日勤務なので、早朝出勤や残業を依頼されることがまれです。そのため子育て中の主婦でも応募しやすい職種です。

パソコン、特にエクセルやワードのスキルが求められます。データ入力が中心です。そのため入力スピードが求められますが、必ずしもブラインドキータッチが必要というわけではないようです。

事務職のため、電話応対スキルも必要ですが外線を担当部署に転送することも多く、派遣先の組織に精通する必要があります。

専門的なパソコンスキルを求められるWEBデザイナー

多くの企業が独自のWEBサイトで情報を発信しています。WEBデザイナーは、それサイトをデザインする職種です。

パソコンを使う職種の中でも、特に専門性が高いため時給も高めです。

本来、WEBデザイナーという職種には納期があるため長時間労働が常態化しています。しかし、派遣社員の場合は勤務する曜日や時間が予め決められています。残業を依頼されることもありますが、基本的に断ることができます。

長時間労働することなく、時給が高めなので無理なく高収入を得やすい職種です。WEBデザイナーは制作したサイトのメンテナンスを依頼されますので、特定のクライアントと継続的に仕事ができます。

そのため、安定収入を得る機会に恵まれるメリットがあります。

子育て中の主婦でも、より高いパソコンスキルがあれば時間効率よく働くことができるカモ。

結局、派遣先に子育て中の主婦が多い職場が働きやすい場所

子育て中の主婦の多い派遣先なら、お互いに理解し合えるカモ。

子育て中の主婦が多い職場に共通するのは、「同じ境遇の方が多く働いている」ということです。そのためには、派遣先の業界や職種が影響しています。

子供は急に体調を崩したり、保育園などの用事などがあり必ずしも固定の曜日に勤務できるわけではありません。

職場に同じ子育て中の主婦がいれば、子育ての大変さを理解しているので、互いに勤務を交代してもらえるようにお願いしやすいでしょう。

本当の働きやすさは給与面ばかりではなく、居心地のよさも継続して勤務できるかの鍵となります。

今回の記事を読んで、子育ても仕事も充実できるようになっていただければと思います。