1. ホーム
  2. 派遣社員の働き方
  3. ≫派遣社員の連休取得は可能?ライフスタイルに合わせた取得方法とは

派遣社員の連休取得は可能?ライフスタイルに合わせた取得方法とは


勤務する派遣先や就業スタイルで異なる連休の取りやすさとは?

年末年始やお盆の季節に、帰省ラッシュや旅行のニュースが盛んに報道されます。公務員や完全週休二日制の大手企業の正社員など、カレンダー通りに休むことのできる方が多いようです。

一方、同じ正社員でもサービス業のように土日祝を中心に営業する業界では、平日中心の休日取得が一般的です。

派遣社員の場合、「まとまった休みなんて、私には関係ない」と感じている方も少なくありません。しかし、派遣社員は正社員と同様に、特定の会社に所属はしているものの勤務する就業先は多岐に渡ります。

そのため働き方の自由さを活かす方法があります。

今回の記事では、派遣社員が派遣という働き方を理解してどのように連休を取得できるかについてお話しします。

曜日に関係なく連休を取得しやすいスポット派遣社員

スポット派遣は、いわゆる日雇い派遣のことです。スポット派遣の仕事は、派遣会社のポータルサイトなどで自分の働きたい日だけを選んで登録します。そのため、本来は連休を取得しやすい働き方です。

以前はスポット派遣が主流でした。しかし、2015年の労働者派遣法の改正に伴い、以下に該当する方以外の方は30日以内の日雇いが禁止されました。その立場ごとの連休取得のしやすさについてお話しします。

60歳以上の方及び昼間学生

派遣社員全体に占める60歳以上の方の割合は少な目です。また年齢のためレギュラーワークに従事する方は少なく、スポット派遣が主流です。まともに休日を取得せずに働き続ける方も少ないため、連休を取得する障害は低めです。

昼間学生とは雇用保険の適用を受けない学生の方を指します。夏休みなど学業のない期間にスポット派遣に登録する方が多いです。

連休を取得したい日を除いて登録すればよいので、こちらも支障はないでしょう。

本業または世帯収入が500万円以上で派遣が副業の方

派遣以外で働いている場合の収入、または派遣社員になろうとする方が主たる生計者ではない場合の世帯収入のいずれかが既に500万円以上ある方が該当します。

本業や世帯収入が十分あれば副業に頼る必要はないでしょう。法改正されたのは、日雇いばかりで定職に就かないワーキングプアーが社会問題になったためです。正規雇用を促進する狙いがあります。

既に会社などで勤務しておれば、ダブルワークとなり連休取得は困難と言えます。また主たる生計者ではない方は主に専業主婦です。専業主婦の場合、連休取得は家族の用事を済ます土日祝に集中します。

土日に連休を取得しにくい職種はサービス業です。飲食業、スーパーなどの販売業、ホテルや娯楽施設、イベントスタッフなどの登録はおすすめできません。

逆に土日に連休を取得しやすい職種としては、工場内での軽作業です。ピッキングなどが代表的です。土日に操業しているところもありますが、特別土日が忙しいわけではありません。

そのため、曜日に関係なく平均的に求人があるため連休取得の可能性が高まります。

専業主婦の方が、家族の都合に合わせて連休を取得するにはサービス業は避けた方がいいカモ。

レギュラーワークで連休を取得しやすい職種は?

レギュラーワークの場合、連休を取得しやすいかどうかは職種で決まります。

土日祝に一般の方と対応する職種は、平日も営業しており休日が週に1日だけという所が多いです。そのため休み希望を言い出しにくい空気があります。

また看護師や介護関係などの職種は常に人員不足で悩まされており、シフトが組みにくいのが実情です。この章では、連休を取得しやすい職種をいくつかご紹介します。

テレオペレータ

女性中心の職種です。平日のランチタイムなどに電話が集中する傾向がありますが、曜日により人員を増減する必要性はありません。仕事は毎日ありますが、常に一定の人員を確保すればよいので、シフトが組みやすい職種です。

オフィスワーク

オフィスワークは休日がカレンダー通りです。休日が固定されているので、休み希望を提出する煩わしさがありません。長期的に予定が立てやすいのが利点です。

学校教育関係

学校では、一般的な事務だけでなく経理や社会保険に関する職種もあります。運動会や入試などの前後は多忙になりますが、それ以外は土日に休日が固定されます。

また、保育士も運動会や発表会の前後以外は土日が休日になります。保育園は年末年始や盆休みは完全に無人になるので、比較的大型連休も取得しやすいでしょう。

医療事務

平日の日中、土曜の午前中が中心の職種です。総合病院では盆休みは交代制になりますが、個人病院などでは盆休みもしっかり取得できます。総合病院・個人病院共に年末年始は大型連休になります。

パソコンや電話応対のスキルが求められる職種が連休を取得しやすいカモ。

求人情報を一定期間見て、連休が取得しやすいか判断する

連休が取得しやすいかどうかを判断するには、一定期間同じ派遣会社のポータルサイトを見て比較するのがいいでしょう。

大まかな判断基準は業界です。曜日に関係なく営業する業界は、なかなか人が定着しません。生活環境は常に変化するため、ある程度勤務するとライフスタイルに合わないことが増えてきます。

そのため、同じ派遣先の求人が頻繁に掲載されていることに気づきます。

一方、連休を取得しやすい業界は非営業日が基本的に一定か、非営業日がなくても一日の仕事量にあまり変化がありません。

様々な業界の特徴を把握し、その業界で働くには何が必要かを知れば自ずとやるべきことが見えてきます。

今回の記事を読んで、仕事と休日の両立を図っていただけたらと思います。