1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫派遣会社に来店不要・WEB登録のみがもたらす メリット・デメリット

派遣会社に来店不要・WEB登録のみがもたらす メリット・デメリット


WEB登録のみで来店不要の近代では、雇用のミスマッチが起こりやすい?

私が派遣社員として働き始めた10年前は、「登録会」に参加する必要がありました。当時はガラケーが主流であり

直接担当者が、住所・電話番号・メールアドレス・資格・経歴を確認した上で、メールか電話で仕事を紹介するのが一般的でした。

最近は、中堅以上の派遣会社は独自のポータルサイトを運営しており、派遣社員は派遣会社に来店することなく登録でき、仕事も紹介してもらえます。

しかし、実態は十分なスキルやコミュニケーション能力がないにも関わらず、派遣元に出向いたものの、派遣元の求める人材ではない「ミスマッチ」が起こっています。

今回の記事では、派遣会社に来店不要・WEB登録のみがもたらすメリット・デメリットについてご紹介します。

来店不要・WEB登録がもたらすメリット

派遣社員にとってのメリットは、手軽にいつでも複数の派遣会社に登録できることです。

以前ならわざわざ「登録会」に参加する必要がありました。また、登録会は平日の昼間に多かったので都合の合わない方もいました。

WEB登録の方法は、派遣会社によって多少異なりますが、パソコンまたはスマホがあればできます。

それ以外の方は「就労証明書」の確認のため来店が必要です。そのため、時間だけでなく交通費の節約にもなります。

複数の派遣会社に登録すると、勤務時間や場所など自分に合った仕事を探しやすくなります。

写真つきの証明書(運転免許証など)を写真撮影し、口座番号を記入してポータルサイトに入力するものや、名前とメールアドレスと携帯番号を入力すれば、すぐに求人募集のページにアクセスできるなど便利になりました。

派遣会社にとってのメリットは、各支店で登録会用の部屋を用意する必要がないので、賃料をコストカットできます。

また、短期間に大量の人材を確保できるので、派遣元から依頼のあった募集人員に達しない恐れがでた時の、派遣社員への「電話攻勢」も減りました。

また、派遣社員の情報はパソコンで管理しますので、事務作業の簡素化にもつながっています。

来店不要・WEB登録がもたらすデメリット

WEB登録を完了すると、すぐに仕事探しができます。しかし、資格・スキル・経歴を入力する必要がないからか、倉庫内作業、弁当の盛り付けなど単純作業かつ日雇いがほとんどです。

いつまでも、スキルアップできないジレンマに陥りやすくなります。

日雇いばかりだと社会保険に加入できない方が多くなります。国民健康保険や国民年金は全額負担ですので正規雇用でない方には負担は重くのしかかります。

個人情報の流出も不安要素になります。WEB登録直後にポータルサイトで見られる高収入の仕事を応募しようとしても「既に求人募集は終了しました」などが表示されることもあり、後になって登録者を集めるためのフィッシング案件(釣り案件)だと知ることもありました。

以前は、面接で人物チェックを行いましたが、WEB登録が主流になると身元確認しただけでコミュニケーション能力や

社会人としての資質に欠ける人も散見されます。私が派遣された食品加工工場では人数が集まらず、生産ラインが停止することがありました。

また、飲食店のホールスタッフとして派遣された時は、お店の方は当然派遣社員に、笑顔と挨拶を求めますが、それすらできない人もいました。

同じ派遣元に日替わりで派遣社員がくるので、常に最初から作業方法を教える必要があり、教える側の負担が変わらないばかりか、派遣元にとっても効率が悪くなります。

派遣会社としても、クレーム事案が多くなり、以前はあまり見かけなかった派遣会社のスタッフと派遣元と会うことが増えてきました。経費削減の反面、各支店のスタッフの負担は増えているようです。

派遣会社と派遣元の雇用のミスマッチが拡大しつつある

派遣社員にはスキルアップなど向上心を持って、仕事をされる方もいますが、多くは気軽に応募でき、単純な作業に流れる傾向にあります。

派遣会社に登録する人数こそ多いものの、派遣元が望む人材が確保できていないのが現状です。

最後に

派遣会社にWEB登録する際は、「うまい話」に惑わされず個人情報の流出に気を付けた方がいいカモ。

スマホやパソコンさえあれば、来店しなくても登録できて仕事も探せるようになり本当に手軽になりました。

しかし、手軽に登録できるので、派遣元が求める人材とは異なる派遣社員と働くこともあります。

仕事の能率が上がらないばかりか、人間関係以外でもトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

どうしても、数日後にお金が必要であればWEB登録での日雇い仕事を、将来を見据えてスキルアップを目指すなら、直接派遣会社で登録するなど使い分けができれば、生き生きとした派遣生活を送ることができます。

今回の記事を見てWEB登録する際の参考になればと思っています。