1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫派遣会社の登録時って、どんな服装をすればいいの?

派遣会社の登録時って、どんな服装をすればいいの?


派遣登録時、オススメの服装は?オフィスカジュアルって何?

派遣会社登録時の服装について詳しくみていきたいと思います。

※派遣会社での登録手続きは、よく「登録会」という言葉で表されます。ここからは「登録会に行くとき・・・」として話を進めます。

おすすめはオフィスカジュアルかスーツ

登録会へ行く服装は「オフィスカジュアル」もしくは「スーツ」がおすすめです。

登録会なのにそんなかしこまった服装をしなくても…と思う方もいるかもしれませんね。でも想像してみてください。

派遣会社は「人材」を派遣先に紹介することで経営が成り立っています。言葉は悪いですが、派遣会社にとって「人材=商品」です。

登録会は、派遣会社が自信を持って派遣先に紹介できる「人材=商品」を仕入れる場といえます。

この登録会で派遣会社に「この人は信頼できる」「この人なら安心できる」という印象を与えておけば、派遣先に紹介される人材として候補に挙がりやすいと思いませんか?

逆に「この人はちょっと…」と派遣会社の印象がよくないと、仕事の紹介は他の候補者に回ってしまいそうです。

基本的に登録は誰でもできます(受け付けてもらえます)。大切なのは登録後、仕事を紹介してもらえるかどうかですよね。

ビジネスシーンにふさわしい恰好で、自分が「マナーのある大人の人間」であることを派遣会社にアピールしましょう。

登録会の間違った服装だけで「きちんとしていない、常識がない」と判断されるのはもったいないです!

仕事のスキルや実績をアピールすることと同じくらいに、自分の人柄(まじめで常識のある人間性)を評価してもらえるように努めて、決して損はないカモ。

オフィスカジュアルって何?

「スーツ」はともかく、「オフィスカジュアル」って具体的にどんな服装?と迷う方も多いかもしれませんね。

カジュアルだからなんとなくラフな感じでいいのかな…ということは分かりますが、どこまで許される「カジュアル」なのでしょうか。
オフィスカジュアルはビジネスファッションの正装ともいえる「スーツ」を柔らかくしたイメージの服装で、具体的な定め・決まり事はありません。

一般的にはシャツとパンツやスカートを合わせるファッションが多いようです。かしこまり過ぎず、しかしきっちりとした印象は残すといったらいいでしょうか。

地球温暖化対策で始まったクールビズや男女雇用機会均等法による女性の社会進出の増加などの社会背景を受けて浸透してきたビジネスファッションの1つです。

ただしビジネスファッションなので、どんな格好でも許されるというわけではありません。

また、明確な決まりがないからこそ、会社や職場によって許される範囲が異なっていたり、着用できる服と着用できない服が存在したりするのが「オフィスカジュアル」の特徴です。

オフィスカジュアルのNGポイントを知っておこう!

明確な決まりがないオフィスカジュアル。ですがNGポイントははっきりしています。「これでいいのかな?」と迷ったら、その服装がNGポイントに当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

NGポイントをチェック

カジュアル過ぎないか?

デニムやノースリーブ、サンダルは一般的にNGです。Tシャツやパーカー、ショートパンツ、ピンヒールの靴などもビジネスシーンに相応しいとは言えませんね。

仕事中に着崩れせず、露出が多くないか?

仕事をしている間に、着崩れする。露出が多いなど、だらしなく見えがちな服装は避けましょう。

周りが気にして仕事に集中できない場合も考えられるので注意しましょう。

派手な印象を与えず、アクセサリーなどの小物類の使用は適切か?

色や柄が派手すぎるとしっかりした印象が失われます。アクセサリーはなるべく付けていかない方が無難です。

清潔感があるか?

きちんと洗濯がしてあることはもちろんですが、目立ったシワや汚れが残っていないか気を付けましょう。

生乾きの臭いや強い柔軟剤の臭い、香水など「臭い・香り」も要注意です。

こうしてNGポイントをみてみると、オフィスカジュアルは「清潔感・きちんと感があって、かつ仕事に集中できる動きやすい服装を選ぶべき!」ということがわかりますね。

カジュアルではあっても、決して「普段着」ではないということを意識するカモ!

業種や職種で違うオフィスカジュアル

オフィスカジュアルが浸透している現代のビジネスシーンですが、会社の業種や職種によってその浸透度に差があります。

派遣先に紹介されるときはこのことに気を付けて服装を選ぶといいですね。(可能であれば、派遣会社の担当者に確認してもらいましょう)

まず、職種別にみてみると、営業職に対してオフィスカジュアルでの勤務を認めている会社はほとんどありません。これは、営業マン・営業ウーマンは社外での活動を業務の中心としているということを考えれば想像つきますよね。

スーツを着用することで、相手に「きちんとしている」「真面目」「信頼できる」などのイメージを与えることはとても重要です。

逆に、外にほとんど出ない、基本的に社内での業務がほとんどという職種ではオフィスカジュアルを推奨している会社が多いようです。(制服廃止による経費削減を目的に、女性スタッフのみオフィスカジュアルを認める会社が多くみられます)

業界別では、アパレル関連、IT・WEB関連はオフィスカジュアルを推奨している会社が多い業界のようです。

アパレル関連は主に「服」を扱う業界であるため、スタッフの着こなしやセンスを求められる会社が多く、最もオフィスカジュアルが進んでいる業界と言えるでしょう。

IT・WEB関連は、基本的に社内での業務がほとんどで、パソコンを使っての作業が長時間になる傾向があるため、仕事に集中できるようオフィスカジュアルを認めている会社が多い業界です。

中にはどんな服装でもOK(服装自由)としている会社もあるカモ。

まとめ

オフィスカジュアルについて少し身近に感じていただけたでしょうか。派遣に限らず、一般の求人広告でもこの「オフィスカジュアル」と言う言葉を目にする機会も多くなってきました。

「ビジネスシーンはスーツでなければならない」という職場が最近は少なくなってきたということですね。

あまり深く考えると、「何を着たらいいのか分からない」「毎朝服を選ぶ時間がかかる」「制服の方がマシ」となってしまうカモ。

繰り返しになりますが、大切なのは「清潔感・きちんと感があって、かつ仕事に集中できる動きやすい服装!」を選ぶことです。

とりあえず、シャツとパンツ、シャツとスカートで試してみましょう。男性の方はスーツを着てネクタイを外すだけでも立派なオフィスカジュアルです。

また、ドラマや映画で出てくる俳優さんや通勤途中の方の服装をチェックすると参考になりますよ!オフィスカジュアルで自分らしさをアピールできたらいいですね。