1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫正社員を目指す時代から派遣として活路を見出す方が増えた理由とは?

正社員を目指す時代から派遣として活路を見出す方が増えた理由とは?


派遣社員は自分に適した職場を見つけるまで再チャレンジしやすい。

昔は会社勤めと言えば、正社員を目指すのが一般的でした。「正社員=安定」と考える方が多かったためで、現代でも同じ考えを持つ方が少なくありません。

職場によって待遇や働きやすさは異なります。働く方にとって快適な職場であれば雇用が「安定」しておれば言うことはありません。しかし例え安定していても職場環境が悪ければ転職したいと考えるでしょう。

退職したくても、退職させてもらえない企業は「ブラック企業」と言われます。ブラック企業では社員に長時間労働を強いることが多いため、プライベートの時間を資格取得の時間に充てるのも困難です。

雇用期間に定めがある派遣社員という働き方は、快適でない職場環境も期限があることを示します。そのため正社員よりも派遣社員として働き始め、自分自身の適性や快適な職場を見定めてから正社員の道を目指す方が増えています。

今回の記事では、正社員よりも派遣社員を目指す方が増えた理由についてご紹介します。

自分の進むべき道を見つけるまで再チャレンジできる

子供の頃になりたかった職業に就ける方は一握りです。また大人へと成長していく過程で興味をもった道に進める方も多くはないでしょう。そのため、社会に出てから自分の進むべき道を模索する方が多いです。

社会に出ると安定した収入を得なければならないという現実があります。正社員の場合、転職したくても貯金や親類の援助がなければ、次の仕事を見つけてからでないと退職は困難になります。その点、派遣社員は雇用契約期間が終了すると就業先も変わります。

職場が自分に合うか前もって判断できる

正社員になるには、ハローワークなどの求人募集を見て採用されるのが一般的です。勤務地・職種・求められるスキルなどは事前に把握できます。しかし、人間関係など職場の雰囲気などは事前に分かりません。

さらに実際に働いてみて、勤務時間や給与などが求人募集と違うことに気づく場合もあります。職場の現実を知り、退職を認めてくれればすぐに再チャレンジは可能です。しかし会社がいわゆる「ブラック企業」の場合、退職を認めてくれないこともあります。

その点、派遣社員の方は派遣契約期間が終了し、契約更新をしなければ容易に他の就業先に勤務することは可能です。また契約期間中でも就業先の労働環境が合わないのであれば派遣会社の担当者に相談し、別の就業先を紹介してもらうことも可能です。

資格を仕事に活かせるか試すつもりで働くことができる

資格には実に様々なものがあります。資格を仕事に活かしたいと考える方は多いでしょう。資格が収入に結びつくかは、資格取得の難易度・有資格者としての需要の多さ・資格取得者の適性などが影響します。

正社員の場合、せっかく資格を仕事に活かそうとしても「やっぱり自分にはこの資格は活かせない」と気づいた頃には、会社を退職するのが難しい状況となります。しかし派遣社員の方は、「資格を活かせない」と分かれば容易に方針変更が可能です。

派遣社員は、自分に合う職場や資格が活かせるかを見定めることができていいカモ。

就業先が変わっても、スキルを積み上げていくことができる

一般的に派遣社員と正社員と違いは、1つの就業先で勤務する期間の長さです。正社員は転職するまで同じ就業先で勤務します。一方、派遣社員は雇用期間を延長しない限り就業先が変わります。また「雇用が安定しない」と思う方もいるでしょう。

しかし逆にいうと派遣社員の方は「短期間に様々な経験ができる」と考えることもできます。

就業先が変わっても同じ職種でスキルを積み上げることができる

 
派遣社員として事務職で働く方がいます。事務職はパソコンスキルが必須です。スキルや経験を必要としない職種で働くと、次の就業先で活かせるものはあまりありません。しかしパソコンスキルがあれば次の就業先が同じ職種であれば、ゼロからのスタートではありません。

また就業先によって異なる仕事のやり方に触れることができます。例えば社内連絡ならパソコンのメールで済ます所もあり、効率的な仕事とは何かについても学ぶことができます。そして派遣社員は短期間で、同じ職種でも様々な仕事のやり方を経験できます。

職種が変わってもスキルを活かせることもある

 
職種が変わっても経験を活かすことはできます。例えば外食産業の場合、接客応対はどのような就業先でも行います。雇用契約を更新して、店頭販売の職種についたとしても接客応対は必要です。

就業先が変わっても「お客様に積極的に笑顔で応対する」という経験は、多くの場面で活かすことができます。

派遣社員は短期間に様々な就業先でスキルを積み上げられていいカモ

派遣社員は変わり身の早さをスキルアップにつなげるのが良い

今は昔と違い、正社員として定年まで同じ会社で勤める方は少なくなってきました。働き方の多様化に伴い、派遣社員が活躍できる業種はますます広がっています。

派遣社員には正社員のような「昇進」というシステムはありません。しかし、様々な就業先での経験を活かしながらスキルアップをすることができます。

正社員の方が労働環境の悪さに気づき、思うように転職ができなくても、派遣社員は変わり身の早さを活かすことができます。また、どのような資格を取得すれば自分自身の能力を引き出せるかを試しながら知ることができます。

派遣社員の方は、就業先1つ1つを区切りとするのではなく、全ての就業先での経験はつながっていくことを意識しながら働いてみて下さい。