1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫派遣先を変えたい!退職理由はどうすればいい?

派遣先を変えたい!退職理由はどうすればいい?


「自分に合っていないかもしれない!」派遣先を変えたい時の退職理由は?

派遣社員として働き始めたものの、「仕事の内容が思っていたものと違う」「職場の雰囲気が自分に合わない」などの理由で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

「仕事内容や条件はキッチリ確認したし、顔合わせの時の雰囲気も良かった!納得の上で契約したはずなのに・・・」と自分を責めたくなりますよね。

でも実際に働き始めないと分からないことだってたくさんあります。

今回は、「派遣先が自分に合わない」「どうしても続けられない」という場合の対処方法をみていきたいと思います。

理由はどうであれ、その派遣先で働くことを決めたのは自分自身。社会人としてのマナーは最低限守って、責任ある行動を! 

いい形で退職すれば、次の仕事への影響も少なくて済むカモ!

辞めたい理由を再確認

「自分に合わない」という曖昧な理由では、当然ですが派遣会社にも派遣先にも納得してもらえません。それが「派遣されてすぐ」であればなおのこと。

ワガママ、根性がない、忍耐力が足りないと一方的に判断されても仕方ありませんよね。

「自分には無理、続けられない」と悟ってしまった具体的な理由があるはず。それらをひとつひとつ確認してみましょう。その理由を派遣会社や派遣先に正直に伝えるかどうかは次に判断するべきことです。

退職理由は正直に伝えていいの?

人間関係や職場環境、仕事内容への不満など、退職したい理由はいろいろありますよね。就業前に自分が想像していたものとのギャップや、不平や不満を訴えて辞めたい気持ちも分かります。

しかし、できるだけ穏便に円満に退職した方が、精神的にも身体的にもダメージが少なくて済むものです。

一般的によく使われる退職理由は「体調不調」や「家庭の事情」です。勤務を継続できない「やむを得ない事情ができた」として受け取ってもらえますし、実際に引き止められることも少ないようです。

また、これらの理由は派遣社員側に退職の原因があり、派遣先を一切否定していないので、退職日までの精神的なストレスを最小限に抑えることができるかもしれません。

ですが、目的が「派遣先を変えたい」だけで、引き続き同じ派遣会社での仕事の紹介を希望する場合は、事情が変わってきます。

派遣会社は「(体調不良や家庭の事情などの)問題を抱えているのであれば、派遣先を変えても働くのは難しいよね、またすぐ辞めるよね・・・」と判断するでしょう。つまり次の仕事を紹介してもらえない恐れが出てくるのです。

ですから、(登録している)派遣会社自体を退職する気持ちがないのであれば、派遣会社には正直に本当の理由を伝えましょう。

その理由を派遣先に伝えるかどうかは派遣会社の指示に従えばいいのです。場合によっては、抱えている問題について派遣先に相談・交渉してくれ、退職せずに済むこともあり得ます。

トラブルにまで発展する場合もありますから、間違っても、派遣会社の指示がないうちに、派遣先に退職理由を伝えることは避けましょうね!

自分から派遣先に退職の気持ちを伝えるのは避けた方がいいカモ。まずは、派遣会社の担当者に相談して、その後の指示を受けましょう。

突然出社しない・・・なんて非常識な行動に出るのは社会人として失格カモ!

派遣会社の担当者を味方につける!

派遣社員として働くからには、日頃から「派遣会社の担当者」と仲良くしておくことが大切です。

両者の信頼関係が出来上がっていれば、今回のような「自分に合わないから派遣先を変えたい」という、一見ワガママに取られても仕方のないような相談にも、親身になって対応してくれるでしょう。

まずは、担当者に、派遣先の実情や自分がどうしても働き続けられない理由を正直にしっかりと伝えましょう。それは派遣会社にとって、得意先である派遣先の「貴重な情報」を得ることにも繋がります。

次に紹介するスタッフを選ぶときの参考にもなりますよね。

ですが、辞めたい理由が「社風が合わない」「人間関係が良くない」などの場合、派遣先を否定しているようで正直に言い難いものです。

もし本当の理由が派遣先に伝わってしまうと、退職日まで、厳しい空気の中で働き続けることになるのでは?・・・と心配になりますよね。

こういった場合は、派遣先に失礼のないような理由(体調不良や家庭の事情など)に変更して伝えてくれることがほとんどですので安心してください。

派遣先が「やむを得ない」と納得してくれる理由を伝えて、退職日までのプランを協議してくれます。

また、派遣会社を敵に回さないためにも、「退職日」などは、派遣会社と派遣先が調整した日程にできるだけ合わせることも大切です。

「1日でも早くその職場を離れたい」という気持ちは分かりますが、別のスタッフを探したり、仕事の引継ぎをするのにも時間が必要ですよね。

自分の退職によって、派遣会社、派遣先の両方に多大な迷惑をかけることは事実です。社会人として、責任を持って最後まで業務を終わらせることは、最低限のマナーだと考えましょう。

次の仕事の紹介を希望するならなおのこと、協力できるところは協力し、派遣会社の印象を良くしておく必要があります。担当者の信頼を裏切らないように、退職日まではしっかりと働き続けましょうね。

担当者への相談は、できるだけ直接会って行うこと!

電話やメールでは正直な気持ちや感情が伝わりにくいカモ! 自分の考えや退職理由を間違って解釈されたら、悪い印象がついてしまうカモよ!

まとめ

「派遣先を変えたい」「自分に合っていない」という理由での退職は、なかなか相談しにくいものですよね。

でも「契約を解除できれば次の派遣先へ行くことができる」のが派遣社員のメリットでもあります。正社員できません。

心や身体を壊す前に、まずは派遣会社の担当者に相談してみましょう。相談は、退職を決意する前でもいいのです。大切なのは悩みや不安を担当者と共有しておくということ。

派遣社員として働き続けたいのであれば、担当者との信頼関係を築く努力を惜しんではいけません。