1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫年齢が高いと仕事が紹介されにくい?派遣に年齢制限ってあるの?

年齢が高いと仕事が紹介されにくい?派遣に年齢制限ってあるの?


年齢が高くても諦めない!多くの派遣社員が頑張っています!

自分のライフスタイルを大切にしたい、自分のスキルを活かした仕事がしたい・・・など、派遣という働き方を選ぶ理由は様々です。

しかし、いくら興味があっても、「年齢」がネックになって登録の段階まで進めない方も多いのではないでしょうか。

年齢が若くても高くても、派遣に年齢制限があるのか気になりますよね。今回は派遣と年齢制限について詳しくみていきたいと思います。

派遣社員に年齢制限はない!

結論から言うと、派遣社員に年齢制限はありません。実際に派遣会社の登録会で、年齢を理由に断られることはまずありません。

これは雇用対策法第10条で「事業主は労働者の募集及び採用について、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならない」と定められ、事業主に対して「年齢制限の禁止」が義務付けられているからで、派遣労働者にも適用されます。

ここでは雇用対策法第10条年齢制限の禁止について説明しています。

これは仕事の紹介時も同様です。派遣社員は、年齢に関係なくスキル(能力)や経験に応じて仕事が紹介されることになっています。

つまり、年齢が若くて経験が浅い方も、年齢が高くて経験豊富な方も、それぞれに合ったステージで仕事を紹介してもらえるということになりますね。

年齢制限の現実

派遣の登録時も仕事の紹介時も、派遣社員が「年齢制限を禁止する」という法律で守られていることが分かりました。でも、現実はどうでしょうか

長い間、派遣社員を続けている方に話を聞いてみると、実際には35歳を超えると「年齢の壁」を感じることが多いそうです。

表向きは誰でも応募できる形を取っていても、応募すると落とされたり、紹介の仕事の数が減ったりするというのが現実なのでしょう。

これは一般の就職活動でも言えることですよね。年齢が高くなるにつれて、仕事を探すのが厳しい状況になるということを覚悟しておいたほうが良さそうです。(もちろん、本人の能力や業種・職種にも影響されると思いますが・・・。)

派遣社員の年齢層

ここで、2017年2月に公表された総務省発表の「労働量調査」をもとに、実際に働く派遣社員の年齢層をみてみましょう。

派遣社員の年齢階級別内訳(2016年)(万人)

総数 15~24歳 25~24歳 35~44歳 45~54歳 55~64歳 65歳以上
男女計 133 11 31 36 28 13 14
55 5 13 12 9 7 9
78 6 18 24 19 6 5

総務省統計局発表「労働力調査」より抜粋(2017年2月公表)

派遣労働者133万人のうち、35歳以上が91万人となっており、年齢層では35歳~44歳が36万人と最も多い人数になっています。

このように、「年齢の壁」という厳しい現実を乗り越えて、派遣社員として活躍している方がたくさんいることが分かりますね。年齢を理由に諦める必要は決してないということです。

若い人材が好まれる理由とは

多少経験不足でも、企業側が若い人材を求める理由の一つに、派遣社員の年齢が高いと指示が出しにくいという点が挙げられます。

派遣先で実際に指示を出す社員の年齢層を考えると、先の「35歳の壁」というのが理解できますよね。

自分より年齢が上の派遣社員に指示を出したり教育したりするのは気を使うものです。職種にもよりますが、社員よりも派遣社員の方が経験豊富という場合もあるでしょう。

年齢が高いと、考え方が固いし仕事に対するプライドもあって仕事の指示が出しにくい!派遣社員は柔軟性のある若い人を!これが企業の本音カモ

また、若い人材を入れることで会社の活性化・若返りを図る企業も多く存在します。

販売業や接客業などのように、お客の年齢層に合わせて、どうしても若い人材を揃えたいと考える企業も多いのです。

年齢が高くても仕事を紹介されるには?

専門性のあるスキルを身につける!

当然ですが、簿記や宅建などの専門的な資格を持っていると紹介される確率は高まります。

資格を持っていなくても、〇年間不動産会社で営業アシスタントとして働いていた、コールセンターでリーダーをしていた。などの実績があれば、十分なアピールポイントとなります。

希望条件を緩める!

登録会で設定した希望条件を見直してみましょう。時給や勤務時間、残業の有無などの希望条件を少し緩めるだけで紹介されやすくなる場合があります。

人気のない職種、中小企業を狙う!

事務職は全ての年齢層で人気のある職種です。可能であれば、営業職やコールセンターなど、あまり人気が高くない職種を希望条件に加えてみてはどうでしょうか。

また、全国展開するような大企業ばかりを狙っていても紹介はされません。中小企業や地元企業まで範囲を広げることで、紹介される確率が高まるカモ!

派遣会社と仲良くなる!

これは絶対条件です。派遣会社の担当者と信頼関係を築くことに努めましょう。

この人は年齢は高いけど仕事ができるし信頼できると思ってもらえれば、少しくらい年齢がオーバーしていても「年齢は高いですがおススメです!」と紹介してもらえるかもしれません。

まとめ

年齢が高くなると、仕事が紹介されにくくなるのは当たり前のことです。これは一般の就職でも言えることですよね。

厳しいですが、それが現実です。そこで、紹介してくれない派遣会社を恨んだり、どうせ無理だと諦めてしまっても前に進めません。

先に見たように、実際には年齢が高くても派遣社員として働いている方がたくさんいます。不本意な条件のもと働いている方もいることは否めませんが、就業できない、仕事の紹介をしてもらえない理由を「年齢」のせいにしてはいけません。

経験豊富な知識と人間性を認めてもらい、派遣会社と企業に「年齢は高いけど、この人と一緒に仕事がしたい!」と思ってもらえるようにがんばってみるカモ!