1. ホーム
  2. アルバイト業界研究
  3. ≫医療事務のアルバイトについて紹介!無資格、未経験でも挑戦できる!?

医療事務のアルバイトについて紹介!無資格、未経験でも挑戦できる!?

医療事務のアルバイトの実態についてお話をします

アルバイト情報サイトを見ていると、医療事務のアルバイトの掲載を目にすることも多いでしょう。

販売や飲食店のアルバイトが多い中、座って事務職の仕事ができるというのは非常に魅力的に映るのではないでしょうか。とはいえ、応募するには実務経験や資格は必要なのではないかなど不安な点も多いかと思います。

そこで、本編は医療事務のお仕事について、実務経験の要不要、仕事内容から仕事をする上でのメリット・デメリットについてお話をしたいと思います。

医療事務の経験・資格に関して

まずは医療事務の応募資格についてお話をしたいと思います。結論として、医療事務の資格はこのアルバイトを行うにあたり必要ありません。

なぜなら、医療事務の資格というのは国家資格ではなく、なければ仕事ができないというものではないのです。

また、経験がなければ仕事ができないかという疑問に関しても、結論としては「医療事務の業務経験がなくても問題なし」です。

確かに職場によっては、経験値を必要とすることもあろうかと思いますが、大半のアルバイトでは「経験不問」で募集しているケースが大半です。未経験からでも安心してチャレンジができます。

このように医療事務の仕事については無資格・未経験で働くことができるお仕事なのです。その点についてまずは知っておきましょう。

仕事内容や給料について

では、医療事務の業務内容についてお話をしたいと思います。医療事務のアルバイトは大きくは、以下の業務を行っていただくことになります。

  • 受付、会計
  • 診察補助
  • 電話対応
  • 掃除

この他にも、現在ではかなり減りましたが病院内で薬が処方される際は、その処方まで対応することとなります。

病院の受付から点数計算など上記では業務内容が少ないイメージを持つかもしれませんが、事務・患者対応に至るまで幅広く業務を行っていただくことになります。

時給は1,000円~1,300円程度です。非常に高時給のアルバイトというわけではありません。しかし、販売などの体力仕事よりも適性が事務向きの方には格好のアルバイトといえます。

バイトルでは検索してすぐに求人がでてきました。

事務仕事が好きな人には格好のアルバイトです。このアルバイトのメリット・デメリットについてもっと知りたいカモ

やりがいや楽しさなどおすすめできるポイント

ではどのようなポイントがおすすめポイントなのかといいますと具体的には3点です。

医療系のサービスが受けられる

予防接種や薬の処方など、安価で行ってくれる場合があります。そのほかにも体調不良時には早退をさせてくれるなど、医療機関ならではの福利厚生や対応をしてくれます。

職場の制度そのものがあなたの健康を大事にしてくれるという点で非常にメリットがあります。

事務仕事に集中できる・事務処理能力が上がる

上述の通り、一般的にアルバイトでオフィス仕事ができるアルバイトといえばコールセンターくらいなもので、なかなか事務仕事のできるアルバイトというのは多くないでしょう。

その中で、事務に集中できるアルバイトというのは貴重です。また、医療事務のアルバイトは、業務が多岐にわたるため、事務処理能力を身に着けることができます。事務仕事をしたい、また事務処理能力のスキルを上げたいという方にはお勧めできるお仕事といえます。

病気に詳しくなれる

病院で働いていると病気に関するあらゆる情報を得ることができます。そのため病気に関する知見が増え、自身の健康維持に関してより詳しくなれるという点でメリットがあります。

大変な点・デメリット

では、大変な点、デメリットはと言いますと、具体的には以下の3点です。

パソコン・座り仕事で目や肩腰に負担がくる

医療事務のお仕事は再三お話をしている通り、事務業務が大半です。そのため、ずっと座りっぱなしでパソコンを使ってのお仕事となります。

そのため、パソコンの青白い青白い光を見続けなければならないため非常に目に負担がかかります。また、座りっぱなしで同じ姿勢を続けて仕事をすることとなるため、肩や腰に負担がかかり、慢性腰痛・肩こりになりうる可能性があります。

医師と看護師とのコミュニケーションが大変

患者さんの精算・薬の処方など医療事務は自分だけで完結することができる訳ではなく、医師や看護師との連携が必要となります。

専門用語が飛び交ったり、差し込みで仕事が入ってくるなど時に落ち着いて事務作業ができない状況も発生します。

冬場は患者さんが増え、かつ病気にかかるリスクが増える

12月から2月にかけて、患者さんが増え、事務処理、また医師・看護師とのコミュニケーションの数も増え、仕事が大変になります。

加えて、内科の場合だと風邪やインフルエンザに罹患している患者さんの来院が多くなるため、自分自身の体調を悪化させる可能性があります。

このように病院事務のアルバイトは従来の事務業務の大変さに加え、病院ならではの罹患患者の対応や、専門用語の対応などが求められるため勉強が必要となりますし、健康リスクそのものもあります。

やりがいのある仕事ではありますがそれと同じくらい大変なこともあります。

まとめ

病院事務のお仕事に、資格も経験も必要はなく一番重要なのは、この仕事をやりたいという意欲です。健康面を第一に考えた職場環境や制度の中、事務仕事に取り組む環境があり、自身のスキルを上げることもできます。

確かに、風邪やインフルエンザの罹患者が多い時期は大変ですし、勉強もしなければならないので大変さも多い仕事ではあります。

しかし健康に関しては勤め先の病院があなたを大事にしてくれるだけの体制や制度が揃っていますし、勉強することで病気に関して詳しくなれる点は今後の人生に役に立つでしょう。

病院事務のアルバイトは事務仕事がやりたい人、事務スキルを上げたい人には最適なお仕事です。働きやすい環境もそろっているので是非チャレンジしてみたいカモ