1. ホーム
  2. アルバイト業界研究
  3. ≫ピークタイムはまさに地獄絵図?ファミレスバイトのほんとのところ

ピークタイムはまさに地獄絵図?ファミレスバイトのほんとのところ

明るい笑顔で対応してくれるファミレスのアルバイトについてご紹介します

family

平均時給 平均年齢 男女比
900円 22歳 4:6

お店の入り口で明るい笑顔でおもてなししてくれる、ファミレスの店員。忙しい時間は片手にお皿を何枚も載せてフードを運ぶ姿が印象的ですね。「ファミリーレストラン」というだけあって、土日祝日は小さい子どもを連れた家族の来店が多く、ランチの時間帯は戦場のようだとも言われています。ハードなイメージがつきまとうファミレスのアルバイトの実際の仕事内容についてご紹介します。

ファミレスのアルバイトとは

主にお客様のご案内、フードの運搬、レジ係、清掃といった接客にかかる仕事を幅広く行います。地域や店舗によって異なりますが、時給は900円前後のところが多く、土日や深夜の時間帯は時給が数十円~数百円アップしているところもあります。深夜まで営業しているところもあれば24時間営業のところもあり、希望する時間のシフトに空きがあればアルバイトとして雇ってもらいやすいかもしれません。

職種は大きくホールとキッチンの2種類に分けられます。ホールが接客メインで、キッチンは調理、食器洗いといった非接客をメインに仕事をします。とはいえ、ホールスタッフが最後の料理の仕上げをすることもありますし、ホールスタッフが忙しいときはキッチンスタッフがフードの提供にまわることもあります。

ファミレスの仕事は、アルバイトの待遇が良いことが特徴です。お店で提供しているメニューを割引価格で利用できることも。一人暮らしで食事を作るのが面倒あるいは炊事が苦手な人はファミレスのまかないを利用してお腹を満たすことができます。長時間勤務して収入が増え、まかないで食費が浮いて助かっているというアルバイトもいるようです。

仕事自体は決して難しくありませんが、テーブルの配置やメニュー、独自のルールなど覚えることが多く、はじめのうちは失敗することが多いかもしれません。仕事をしながら徐々に覚えて行けばいいので、焦る必要はありません。チームワークで分担しながら仕事を進めていくうちに、楽しみながら仕事ができるようになります。

資格や経験がなくてもできる仕事なので、アルバイトに初めて挑戦するという方にもおすすめです。接客マナーの基本から、調理の基本、お金を扱う責任の重さを実感できて、人としての成長を大いに期待できるでしょう。

アルバイト体験談

あまねさんのお仕事体験談(女性/アルバイト歴2年)

バイトをはじめたきっかけ
ロイヤルホストやデニーズが好きだったのでそこでアルバイトしようと思いました。選んだ店舗はガストです。同年代の高校生からパートのおばちゃんまで幅広い世代の方が働いていそうだったので、楽しそうだと思ったのがきっかけです。居酒屋とかコンビニとかビデオ店など選択肢は色々ありましたが、学生のうちしかできないアルバイトのような気がしたので、思い出に残ると思い応募しました。暇なコンビニなどで働くよりも経験が積めると思いました。

身に付いたスキル
基本的にはキッチンで働いていました。個人経営の飲食店と違って、ルールがきっちり決められているので社会勉強になります。また、クリンネスや食材の正しい扱い方が身につくので、他の飲食店で働く前にファミレスで働いたことが、大きな地盤となり活かすことができた気がします。また、始めて仕事で年上の方とコミュニケーションを取る場所になったので、目上の方と仕事上での接し方も身につきました。あとは基本的な挨拶などですね。

つらかったことや楽しかったこと
つらかったことは、やはり土日祝がピークで忙しいので、周りの友達が遊びに行ってても自分はバイトのシフトに入らなければいけないのが辛かったです。遊び帰りの友達がバイト先にちょっかい出しに女子を連れて来たりした時はしんどかったです。また、楽しかったことは、学校や部活以外の友達がたくさんできたことです。仕事をして一緒に働くことで、同級生とは違う絆が生まれるので一体感があります。広い世界を見るという意味で、経験になります。

これからアルバイトしようとしている人へのアドバイス
まずは一度お客として店に行ってみてください。そこで、どんな人が働いていて、お店の雰囲気はどんな感じかなど、味わってからアルバイトに応募するかどうか決めるのが大事だと思います。結構、事前の下調べでイメージとちょっと違うなーと感じることもあるので、求人紙面や求人サイトの情報だけで応募しないほうが失敗しません。また、近い区域にたくさんの店舗があるお店では、店舗間でのヘルプがあるので行かされる事が多いです。お気をつけて。

和恵さんのお仕事体験談(女性/アルバイト歴半年)

バイトをはじめたきっかけ
専業主婦だった時に、あまりにも暇なので何かしようかなと。家からそこそこ近かったし、時給も他のバイトに比べれば50円位高かったし。一番の決め手は募集要項に「お料理のスキルも上がる!」と書いてあったこと。接客は苦手だけど、キッチンスタッフならやっていけそうだなぁと。結婚したてで料理の経験が浅かったので、ちょうどいいなと思って応募しました。

身に付いたスキル
効率よく料理を作る方法や、簡単な料理ならファミレス風のメニューを作れるようになったこと。自分の指の長さを把握しておくと、何センチカットとかいう動作が、わざわざメジャーではからなくてもわかるようになったとか。

つらかったことや楽しかったこと
ホールスタッフは入れ替わりが激しくて若い人が多かったけど、調理スタッフは「勤続○十年です」みたいな人が多く、みんな独自のルールを持って動いているので、言われることが人によって違う、ということが結構つらかったです。大半が優しい人でしたが、クセのある人から、「○○さん(私)に任せてたらいつまで経っても終わらないわよ!」なんて言われたこともありました。

みんなについていこうと必死でメニューも覚えましたが、やっぱりメニュー量がすごく多いし、一朝一夕ではだめでしたね。だから調理スタッフは主婦歴の長いおばさんばっかりなんだろうなと思いました。おばさん以外の人は男性で、飲食店で店長経験のある人なんかもいたので、自分は場違いかなぁという印象でした。

しかも、当初に期待してた「お料理スキルが上がる」というのは実際はあまり…。ファミレスだと、ソースなんかはレトルトものばかりなので、自分で味付けするということはそれほどなく、お料理スキルは特に上がらないですね。

これからアルバイトしようとしている人へのアドバイス
調理スタッフを受けようと思うなら、料理した事ない人だと結構きついと思います。基本中の基本のことなんて、あんまり誰も教えてくれません。なので、包丁も持ったことがないなんていう人がやろうものなら、しょっぱなっから躓きます。平日昼間ならまだしも、休日のディナー時間なんてめちゃくちゃ忙しいので、慣れてきてもテンパりますし。反対に、普段から料理をしている、効率よく何品も料理を作ることを自然に考えられるという人ならかなり向いてると思いますよ。

皿屋敷たかじんさんのお仕事体験談(男性/アルバイト歴2年)

バイトをはじめたきっかけ
19年前の当時私が20歳、東京都内の私立大学に通う大学生時代に、実家がある地元のファミレスでアルバイトをしようと思ったきっかけは、第一に「自宅からファミレスまでの距離が近く、アクセス面で便利」、第二に「24時間オープンのファミレスだった為、早朝から深夜まで比較的シフトを組む際に融通が聞いた事」、第三に「子供の頃から通い慣れたファミレスの裏側(厨房)がどのような雰囲気なのかを働いて体験してみたかった事」がありました。

身に付いたスキル
仕事内容は厨房の皿洗いと簡単な調理補助がメインの仕事内容でした。その当時はファミレスのアルバイトが初めての経験だったので、最初は勝手が分からずに先輩にしかられてしまう場面もありましたが、徐々に皿洗いの仕事にも慣れ、皿洗いのコツを掴む事が出来ました。現在でも、私の家庭では皿洗いは私の仕事となっており、妻には「貴方は皿洗いが手際良いので助かる」とほめられます。

つらかったことや楽しかったこと
つらかった事は、やっぱり夜勤の夜中の勤務シフトで皿洗いの仕事をしていた時でした。皿洗いの夜勤のシフトは、昼勤よりも皿を洗う量こそ少ないものの、少ない皿の量の時には厨房内のほかの場所の簡単な掃除などを申し付けられる事が多く、逆に深夜の皿洗いの方が単純に皿だけをせっせと洗っていれば良い昼勤シフトの時よりも面倒な事が度々ありました。逆に良かった事は、ファミレスのハンバーグやうなぎなどを使った美味しいまかない料理をタダで食べる事が出来た点でした。

これからアルバイトしようとしている人へのアドバイス
ファミレスのアルバイトは、店長さんによっては厳しい人やキツい指導をする人も居るかもしれませんが、基本的にそんなに激務のアルバイトではないので、大学生の人やフリーターの人を問わず、続きやすいアルバイトだと思います。
ファミレスのアルバイトでは時給の高さや低さといったアルバイトのお給料の事よりも、第一に「ファミレスバイトの仲間の人達との交流」が生まれやすく、友達作りもしやすいアルバイトだと思いますので、ファミレスアルバイトでは積極的に友達作りをしてみるのも、良いかもしれませんね。

履歴書・面接のコツ

混雑する土日祝に勤務できる人が重宝されます。忙しい時間帯や人手が足りなくなる時間帯に入れると伝えると面接官に好印象を与えることができます。深夜勤務がある場合、電車で通う方は終電の時間をあらかじめ確認するなど、何時まで勤務できるかどうか面接前に必ず確認を。電車以外の方法で通勤する方は終電を気にせず働けると伝えれば、他の応募者より有利になります。

最近は、外国人のお客さんも多いので英会話のスキルは強みになります。語学系の資格を持っている方は、忘れずに記載しましょう。ホールの仕事では常に明るく接客することが求められるので、面接でも同様に笑顔を忘れずに受け答えするよう心がけてください。

仕事・職場になじむコツ

働くメンバーは、平日昼間は主婦や若いフリーターが多く、平日夕方以降や土日祝日は学生が多いのが特徴です。初めてのアルバイトとしてファミレスを選ぶ若者も多いので、接客未経験でも仕事に関することや接客マナーなど、一から丁寧に教えてくれます。わからないことがあれば気軽に相談して、信頼関係を築いていきましょう。

忙しい時間帯はチームワークと臨機応変な対応が求められます。はじめのうちはあまりの忙しさに失敗する可能性もありますが、続けていくうちに慣れていきます。どんな仕事も慣れるまでは本当に大変ですが、仕事が軌道に乗り始めると楽しくなってくるものです。社会人経験を積むつもりで続けてみることをおすすめします。

ファミレスには老若男女を問わず、さまざまな人が来店します。まれにクレーマーなどの対応に追われることもありますが、上司や先輩を頼って、どのように対応すればよかったのか、その都度話し合うことで仕事を覚えていきましょう。

ファミレスバイトはやっぱりまかないが魅力カモ

・社割またはまかない付で食費を節約!
一人暮らしで自炊する習慣がない人や、食事の栄養バランスが気になる人はどんどん活用しましょう。

・土日祝のランチは超多忙!
忙しいというのはお店にとっての稼ぎ時でもあります。慣れないうちは大変ですが、円滑なチームワークを身につけられるようになります

・理不尽なクレームにも誠実に
こちらに落ち度はなくとも理不尽なクレームを受けることもあります。不快に感じるポイントはそれぞれなので、カチンときてもまずは謝罪し、上司や先輩に対応してもらうようにしましょう。

>>ファミレスのバイトをおススメのアルバイトサイトでチェック!<<