1. ホーム
  2. アルバイトコラム
  3. ≫ばっくれたバイト先から電話…!どう対応するべき?

ばっくれたバイト先から電話…!どう対応するべき?

気が進まなくても出よう!ばっくれバイト先の電話を無視するのはNG
7cc67d8e44472401380b48fd21a5a711_s
バイト先をばっくれたときに一番心配になるのがバイト先から電話がかかってくるのではないかということですよね。全く何の連絡もなしにそのまま辞められれば良いのですが、ほとんどの場合は電話がかかってきます。

ばっくれたことを疑っているわけではなく、純粋にシフトを忘れているのではないか?という電話がかかってくることも珍しくありません。何度か電話を無視していればばっくれたと判断されるはずです。

では、もしも電話がかかってきた場合にはどのような対応をとれば良いのでしょうか。

ばっくれたバイト先から電話がかかってきたら?

何よりも理想的なのは電話に出るということです。
もう絶対に行く気がないからとことん無視を決め込もうと思っている方もいるかもしれませんが、これは最も良くない展開に発展するリスクがあります。

ばっくれている以上、電話に出ればバイト先から怒られる可能性が高いでしょう。しかし、これはバイト先に迷惑をかけていた罰として受け入れなければなりません。

「どうしても続けられないので辞めさせて欲しい、迷惑をかけて申しわけない」という気持ちを伝えましょう。

直接電話でやりとりをすることにより、制服の返却や最後の給料の支払いなどについても細かく話を聞くことができます。電話を無視してしまうとこれらのやりとりができないので、ある日突然制服の賠償に関する連絡が来たり、最後の給料が振り込まれないこともあるのです。

何度か電話を無視したけれど、それでもかかってくる…という場合も電話に出ましょう。全く出ないで無視を決め込むよりもよほど印象が良いです。

可能であればこちらから電話をしましょう。

電話に出る際のポイント

ばっくれたバイト先から電話がかかってきたら謝罪するだけではなく、ばっくれた理由についても伝えるのがおすすめです。

「シフトの調整をお願いしてきましたが対応してもらえず、体力的に限界を感じているためどうしても続けていくことができません」というように具体的な理由があると望ましいです。

かなり人手の足りていないバイト先だと、今回ばっくれたことは許すから戻ってきて欲しいと言われることもあります。しかし、一度ばっくれていると風当たりも強くなるので、戻るかどうかは慎重に考えたいですね。

戻る気はなかったものの強くお願いされて了承してしまったという方もいますが、限界を感じてばっくれたのであれば戻ってもうまくいく可能性は低いので辞める意思が固いことを伝えましょう。

電話を無視するというのも一つの方法ではありますが、何日にもわたってしつこく電話がかかってきたり、携帯ではなく家電にかかってくることもあります。

対応しなければ「もしかしたら家まで来るのではないか…」という不安もありますよね。そういったストレスを感じながら生活するよりも思い切って電話に出て対応しましょう。

利用者の満足度が高いから選ばれ続ける!日本最大級のバイト情報サイト

バイトル

ポイント:掲載求人件数10万件以上
ポイント:楽しくて役立つサポートコンテンツが豊富
ポイント:時給1200円以上の高額案件も多数

 

首都圏や全国の主要都市の求人情報に強い傾向があります。特長はなんといっても、動画サービス。実際に働いているスタッフや働く場所の様子をチェックすることができます。また、履歴書で自己アピールが苦手という方は、動画応募機能をチェック!雇用主と応募者、どちらにも役立つサービスが満載です。
詳細を見る公式サイトはこちら
日本最大級のバイト求人サイト!!

フロムエーナビ

ポイント:かわいいパンダのキャラクターのCMで知名度UP!
ポイント:運営企業は東証一部上場企業のリクルート
ポイント:常時20万件!圧倒的な求人掲載件数を誇る

 

じっくり働きたい長期バイト、すきま時間にさっと入れる短期バイトなど、ライフタイルに合わせて働ける幅広い求人情報が揃っています。サポートコンテンツでは履歴書の書き方や面接対策を学ぶこともできるので、アルバイト初心者さんにおススメ!
詳細を見る公式サイトはこちら
働く曜日と時間で検索できる、新感覚のアルバイト情報サイト

シフトワークス

ポイント:運営企業はYahoo!JAPAN。コンセプトは「ワガママなアルバイト探し」
ポイント:希望シフトとのマッチングサービスが人気
ポイント:中高年、学生、主婦におすすめなWワークの案件も多数取扱

 

シフトマッチング機能(シフトごとに募集・検索できる仕組み)を持つシフトワークス。応募者と雇用側のミスマッチが少ないとして人気を集めています。平日しか働けない、土日だけ働きたいなど、勤務時間にこだわりのある人の強い味方になること間違いなしです。
詳細を見る公式サイトはこちら

>>ランキングをもっと見る