1. ホーム
  2. アルバイトコラム
  3. ≫バイトをばっくれでも給料はもらえるの?未払いの対処法もチェック!

バイトをばっくれでも給料はもらえるの?未払いの対処法もチェック!

ばっくれる前までの給料は支払われる?払ってもらえない場合は?

e09fc631b56ca2c4ffc6f352ca25da4d_s

どうしても今のバイトを続けることができないからばっくれようと考えている…という方もいるかもしれませんが、その場合、まだもらっていない分のバイト代はどのような扱いになるのでしょうか。

ばっくれるのだからもらえなくなることを覚悟しているという方もいるでしょう。しかし、自分が働いて稼いだ分の給料であるため、受け取る権利があります。

これは例えばっくれたとしてももらえるのです。仮にバイト先から「ばっくれたやつに給料なんて支払わないよ」と言われたり、給与支払日に振り込まれなかったというケースでも請求が可能となります。

ここではそのやり方も含めてご紹介しましょう。

バイトをばっくれても給料はもらえる?

雇用契約に基づいて仕事をしたわけなので、そこで給与が発生していればばっくれた後でも受け取る権利があります。しかし、雇用によっては無断欠勤をした場合の独自ルールを決めているところもあるようです。

例えば、ばっくれた人に対しては給料を支払わないと書かれていたり、○万円を請求するというように書かれているものもあります。

まず、就業規則によって罰金に関して定められていないのに突然こういった連絡を受けたとしても法律的には無効であるため支払う必要はありません。

もしも就業規則に罰金や減給に関して書かれており、それを了承するサインをしたということであれば話は別です。ただ、その場合も相手の言い分がすべて認められるというわけではなく、こちらも法律によって決められています。

具体的には
1…1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えない
2…なおかつ総額が1賃金支払期(バイトの場合は一般的に1ヶ月)における賃金総額の10分の1を超えない

ということ。

例えば、時給800円で5時間のバイトをしている方の場合、上記1に当てはめると1回の額は2,000円となります。次に上記2についてですが、こちらは1ヶ月に10日間バイトをしたと仮定すると4,000円×10日で40,000円、これの10分の1となるわけなので総額は4,000円が限度となります。

バイト先がこれを上回る請求や減給をしてきた場合には法律に違反していることになるわけなので、警察や労働基準監督署に相談しましょう。

どのようにしてバイト先に請求すれば良い?

先述したように例えばっくれたとしても受け取っていない給料を支払ってもらう権利があります。ほとんどのバイト先は黙っていても通常の給与支払い日に振り込みをしてもらえるでしょう。

しかし、給与の支払い方法というのは雇用主側に決める権利があります。そのため、バイト先まで直接取りに来るようにと言われた場合にはそれに従わなければならないのです。

普段から手渡しで給料をもらっていたものの、ばっくれて直接取りに行くのが気まずいから銀行振り込みにして欲しいと伝えたとしても、相手がそれに応じてくれなければ取りに行く必要があります。

相手の決めた方法での給与受け取りを拒否すると給料を受け取る権利を放棄したとみなされてしまうため注意しましょう。

困ったときは労基に相談!

請求をしても相手が支払ってくれないという場合には「労働基準監督署に相談をする」ということを伝えると効果的です。バイト先としても厄介事には発展させたくありません。そのため、すぐに支払ってくれるケースがほとんどです。

労働基準監督署側から直接バイト先に電話を入れてもらえることもあるので相談してみてくださいね。

ばっくれた人に対して給料を支払わないバイト先は、本人がばっくれたことに対する罪悪感から請求してこないことを期待している可能性が高いです。それではバイト先の思うツボであるため、損をしないためにもしっかり請求しましょう。