1. ホーム
  2. アパレル業界情報
  3. ≫多様化するPRの手段とは?ブランドを活性化させるべく社内外で活躍するプレスへの転職について

多様化するPRの手段とは?ブランドを活性化させるべく社内外で活躍するプレスへの転職について


アパレル業界憧れの的!ブランドを盛り上げて利益を生み出すプレスの転職に必要なものとは?

アパレル業界プレス

アパレル業界に限らずPRや広報は人気の高い職種です。アパレル業界のプレス担当は企業やブランドのPR,広報を行います。また世間に自社のことをより広く深く知ってもらい、多くのファンを獲得することを目的としている職種です。

雑誌やファッションショーにも関わり、時には自らがブランドの顔としてメディアなどの取材にも応じることもあります。

イメージとして華やかなポジションですが実は地味で地道な業務も多く、社外との関係性がかなり重要になってくるので神経を使うという面もあります。ブランドをいかに魅力的に見せられるか、そのために社内と社外を奔走するプレスとその転職についてお話していきます。

プレスの仕事とは

プレスは対外的な業務が非常に多いポジションです。

  • 雑誌への掲載商品の選定、またその商品の貸し出しの手配
  • ファッションショーなどのイベントの企画・運営
  • 広告のメディアプランの計画・実行
  • デジタルメディアの管理・運営
  • メディアへの取材応対
  • ブランドのカタログ、DMの作成
  • プレスリリースの作成

 
雑誌の取材に応じる際の姿は販売員よりも更にブランドイメージを体全体で表現しており、まさに歩く広告塔といった容姿です。ファッションだけでなく、メイクや髪型までもぬかりなく作りこんで取材に臨みます。

一見すると華やかなイメージの強いプレスですが、その一方で地味で地道な作業が多いのも特徴です。カタログやDMの作成、雑誌掲載商品の選定などはその後の売上げを左右することから時間をかけて行います。

また掲載雑誌の内容の校正もプレスの仕事です。雑誌側からあがってきた原稿にも目を通し、こちら側の意図する内容であるか確認しなければなりません。さらに近年PRの場として有用になったSNSでの発信もプレスの仕事です。

どのようなSNSに、いつ、誰に向けて、どのような内容で発信するのかSEや広報と相談しながら計画・作成する必要があります。そのPRの方法いかんによって自社への注目度が左右され、売上げと利益に関わってきます。

華やかな業務は実はほんの少しで、多くの人の目に触れない場所での地道な業務が企業のPRを支えているのです。

アパレルカモからminiアドバイス

社外に出れば最先端のファッションで身を固めてバリバリ仕事、社内に戻ればコツコツと神経の使う仕事をこなす・・。プレス担当は仕事の内容でテンションの高低差があって疲れちゃうよね。

でもメディアに出る時に疲れが出てしまってはオシャレもPRもうまくいかないよ!エステや整体、スパに行ったり自分なりの心と身体のバランスを整える方法を見つけておくといいカモね。

プレスへの転職

VMDと同じくプレスは一つの企業、もしくは一つのブランドに一人という少数精鋭の体制です。大手のプレスともなると複数の人数を配置することもあるでしょうが、基本的には少数で業務を行います。企業やブランドのイメージがブレることを極力避けるためです。

そのため転職でプレスを目指すなら、常日頃から求人に目を光らせておく必要があります。企業には欠かせない存在であることから欠員が出れば必ず求人は出ます。そのチャンスを逃さないようにしましょう。

特にアパレル企業のプレスを希望するならアパレル業界専門の転職サイトを活用した方が効率的です。大手の転職サイトよりも詳細な情報を得やすいので是非利用してみましょう。

企画栄養や広報の経験があると有利

 
プレスは対外的な関わりが多く、社外の人間と良い関係性を築けるかどうかで仕事の成否が左右されます。転職採用者に求められる「即戦力」という点は、どの業界でも同じことですが、自身の前職(現職)での経験がプレス登用された際にどう活かされるのか考えておく必要があります。

社内外との折衝力、企画力、PRを行った結果の情報収集力とその分析力が求められるポジションです。企画営業や広報の経験があると有利でしょう。もちろん経験があるだけでなく、その経験によりプレスでどのような貢献が出来るのかアピールしましょう。

容姿はなるべくブランドイメージに近づける

 
またメディアに顔を出すことも仕事の一環であるプレスを志すならブランドのイメージに沿った容姿を持つことも重要です。就業している状態での転職活動では華美な髪色に出来ないかもしれませんが、出来るだけイメージに近づけることは大事です。髪色は抑えつつ応募先企業ブランドの服装を着こなすファッションセンスを採用試験で採用担当者にアピールしましょう。

もちろん似合ってなければ減点です。アパレル企業で働くことを希望するならファッションセンスに磨きをかけるべく日々研究を欠かさないようにしましょう。

プレスからプレスへの転職

プレスは専門性が高いうえに個人の持つ能力で成果が分かれてくるポジションです。そのことから既に他業種でプレスを経験されている方は、アパレル業界でも引く手あまたの存在となるでしょう。

採用時から持ち合わせているコミュニケーション力や人脈は企業としても魅力的なものです。応募者としても前職で培った経験と人脈は貴重な財産です。今後も必要となってくるものなので大事にしましょう。

他業種のプレスからアパレル業界のプレスへの転職の際に覚えておくと良いことがあります。ファッションショーやイベントを企画・運営するだけでなく自身も実際に参加することから「盛り上げ上手」になることが必要です。

モデルや観覧者を楽しませるには自分が楽しむことが一番です。機転の利いたトークや臨機応変にイベントを動かせるような機動性が重要になると覚えておきましょう。

まとめ

プレスはアパレル業界の中でも一番人気と言っても過言ではないポジションです。店舗の販売員としての入社からキャリアステップを経て登用され、プレスで活躍している方もいらっしゃいます。

当然ですがアパレル企業のプレスで活躍するにはアパレル企業に入社出来なければ始まりません。自らのファッションセンスに磨きをかけつつ多くの人と折衝出来るコミュニケーション力を養いましょう。

そうすればアパレル企業のプレスで働きたいと思い立った時に自信を持って転職に臨めます。コミュニケーション力には自信がある、好きなブランドを盛り上げて売上げを伸ばしてみたい、華やかなプレスの世界で輝いてみたい、そうお考えの方はプレスを目指してみてはいかがでしょうか。

  1. プレスは企業やブランドのPR,広報を行うポジション。
  2. プレスの仕事は対外的なことが多く、
    露出が多い一方で地味で地道な業務をこなす必要がある。
  3. プレスへの転職は狭き門ではあるが全く求人が無いわけではない。
    アパレル業界専門も転職サイトを活用してチャンスをうかがおう。
  4. プレス経験者は優遇されるがアパレル業界のプレスでは「盛り上げ上手」であることが重要。
    エンターテイナーになれるかどうかが鍵となる。