1. ホーム
  2. 転職基礎知識
  3. ≫ファッションデザイナーの転職・ファッションデザイナーへの転職

ファッションデザイナーの転職・ファッションデザイナーへの転職


夢のある職業ファッションデザイナー。デザイナーとして更に飛躍するか?
未経験でも挑戦出来るのか?転職の選択肢とは!

デザイナーの転職

ファッションデザイナーとして生きていく

ファッションデザイナーという職業に抱く印象と言えば、類まれなデザイン力を持って自己ブランドを展開し、世界を股に掛けて活躍するファッション界の牽引者、といったような独自の感性を形にすることで食べていける職業、と思ってらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

自分の感性のみを武器にファッション界で生きていくということに憧れるファッション業界関係者は少なくないでしょう。
また、現在ファッションデザイナーとして企業で活躍しているけれど転職を考えている、という方もおられることでしょう。

自身の腕一つでお金を稼ぐ職業ですので、一度得た職場を離れるのはためらうことかもしれません。

ですが、一度きりの人生ですから後悔なく生きていたいもの。転職とはいわば一つの大きな挑戦です。そして、挑戦する事で得られるものは沢山あります。
逆に言えば、挑戦しなければ現状以上に得られるものは何もありません。

夢をお持ちの方が少しでも挑戦に前向きになれるようファッションデザイナーの転職についてお話していきます。

現在ファッションデザイナーの方の転職

既にファッションデザイナーとして企業に勤務している状態からの転職、すなわちそれは他の企業のファッションデザイナーとして勤務することを意味します。

一口にファッションデザイナーと言ってもそのジャンルは様々で、スポーツウェアのデザインがあればダンスシューズのデザインを生業としている方もいるでしょう。

前職で十分に経験を積み、自身が本当にやってみたい、もしくは挑戦してみたいジャンルのデザイナーとして転職を目指し、見事採用となればモチベーション高く仕事に取り組め、より質の高いモノを生み出すことが出来るでしょう。

ただし、採用試験の際に自身の希望要望ばかりをアピールするのは控える事をお勧めします。

採用先企業にも理念や信念があり、それに共感する人材を求めます。まずはご自身が共感できる企業理念を持った企業を探してみましょう。その上でご自身の挑戦したいデザインをやらせてもらえそうな起業か調べてみましょう。

独立してフリーのデザイナーとして食べていく!

自分の腕一つでブランドを立ち上げる、それは全てのファッションデザイナーの夢であると言えます。フリーのファッションデザイナーに転職するというより独立起業と表現した方が正しいかもしれません。

「自分の感性を形にして生きていくなんて、格好良すぎる!」と羨望のまなざしで見られること請け合いです。しかし、自身のブランドを立ち上げて成功をつかむデザイナーはほんの一握りです。

夢を追うのは結構ですが、稼ぐことが出来なければ企業専属のデザイナーに戻るか、デザイナーとしての道を諦めることにもなりかねません。

自身の実力を冷静に判断した上で選択してください。

☆アパレルカモからminiアドバイス☆

個人でブランド事務所を立ち上げると、運営に費用な作業や事務に追われて自身の本業であるデザインに費やす時間が少なくなるカモ。

企業は沢山の従業員を雇って分業することで成り立ってます。小さいとはいえ、一つの事務所を自分一人で運営する覚悟はありますか?現職でデザインの仕事だけでなく諸所の事務的作業まで知り尽くし、企業というものがどのように成り立っているのか理解できたなら独立起業しても良いカモ。

未経験からファッションデザイナーへの転職を考えている方へ

どの職業、どの業界においてもそうですが、転職での採用者に企業が求めるもの、それは即戦力です。

前職での経験を活かして自社に直ちに利益を生んでくれそうな人材を欲しているので、未経験者を採用することは難しいと考えられます。

ましてや知識と経験が絶対的に必要となるデザイナー職の場合であれば採用される確率はかなり低いでしょう。では、どうすればファッションデザイナーになれるのか?それは次の項目で話していきましょう。

ファッションデザイナーになるには??

ファッションデザイナーになるために必要な資格が特にあるわけではありません。ですが、デザイナーになるためには、専門的な知識や技術が必要となるので、服飾系の専門学校で学ぶことは最低限必要です。

「服飾系の専門学校を卒業した後に企業にデザイナーとして就職する」というルートが一般的です。

就職後は企業専属のデザイナーとして勤務することになりますが、まずはアシスタントとして経験を積み、デザイナーとして必要な知識と経験を実務の中から学ぶことから始めます。

事情があり専門学校に通うことが出来ず、「未経験だけど将来的にはデザイナーになりたい。」という夢を抱いている方もいるかと思います。

その場合、未経験者をデザイナー職に採用している大手のアパレル企業をおすすめします。

中小や零細のアパレル企業ですと、人件費などのコストの関係から、未経験者をデザイナーとして採用することは難しくなります。しかし、大手企業であれば、新しい風を吹き込むために、未経験者を積極的に採用することもあります。

まずはそちらで基礎から経験を積み重ね、ご自身の希望と企業理念が合致する会社の専属デザイナーへ転職、という道筋が建てられるのではないでしょうか。

ファッションデザイナーの転職事情

前記で何度も述べましたが、ファッションデザイナーは、知識と経験無しにはなりえない職業です。それに加えて個々人の感性やインスピレーションにより生み出されるものが違うという世界です。

何が世間に認められ、どのようなファッションが求められているか、足早に変化していく昨今において、ファッションデザイナーとして生計を立てていくことは一見難しいと考えられがちです。しかし、ファッションを提供する企業には必ずデザイナーが存在します。ですから、未経験でなければ、デザイナーとして勤務することは、さほど難しくはありません。

デザイナーにとって、ご自身が作り出したアイテムが認められ、街ゆく人が身に着けてくれることは至高の喜びです。それは、デザイナーという職業でなければ味わえない特別な幸福と言っても過言ではありません。

ファッションデザイナーとして自分の持つ世界を発信したい、そう思っているなら、是非恐れず挑戦してみてください。