1. ホーム
  2. 転職基礎知識
  3. ≫広範囲に渡る多種多様なアパレルの事務作業!その転職方法とは?

広範囲に渡る多種多様なアパレルの事務作業!その転職方法とは?


企業活動を潤滑にする黒子!種々の業務で他を助ける事務職の転職に必要なものとは?

アパレル事務

どのような業種の企業にも必ず事務職は存在します。その中でもアパレル企業の事務職に任される業務の幅は広く、担当する範囲が決まっていないことが多いのが特徴です。基本的には各部署や各職の業務をサポートする役割ですが、在庫の管理など重要な業務を任されることもあります。

またアパレル事務は派遣社員を雇うことが多いことも特徴の一つです。派遣社員からのスタートでも本人のやる気と努力次第で任される業務が多くなり、多くの経験を積めば正社員に登用されることもよくあります。

常に裏方に徹し、決して脚光を浴びることのない事務職ですが企業活動を行うにおいてなくてはならないポジションです。今回はそんなアパレル事務についてお話していきます。

アパレル事務の仕事

前述の通り、アパレル事務の仕事は多種多様であり所属企業によっても任される内容が違います。

  • 企業エントランスでの受付業務
  • 電話対応
  • 訪問客の応対
  • 営業アシスタント
  • 営業が注文を受けた商品の伝票処理など

 

注文を受けた商品の品揃え、出荷手配も行います。また営業が欲しいリストがあればその作成も請け負います。

社内の在庫管理

 
最近は在庫管理もコンピューター上で行われていますが、棚卸の際にPOSの販売記録と実数とに差異が無いかを追及するのは事務の仕事です。在庫は企業の財産に関わるものなので、かなり骨の折れる作業です。

取締役の秘書業務、会議の資料作成

 
ここに挙げたものの他にも事務職が行う業務はありますが、社内のあらゆる部署やポジションと関わりを持つことになるのは確かです。一見すると雑用ばかりを任されているとも感じかねませんが、どの業務も正確に処理する人間がいなければ企業自体が成り立ちません。

一つ一つは地味で小さな作業かもしれませんがどれ一つ欠くことの出来ない仕事を事務職は担っているのです。

アパレルカモからminiアドバイス

事務職は細々とした仕事が多いけれど、定時に退社出来ることが多いよ。
もっと服飾について学んで他のポジションに行きたい、と思っていたら退社後の時間を勉強に使えるよね。資格を取得することで就ける職種もあるから調べてみるといいカモ。

アパレル事務への転職

アパレル事務は派遣社員から採用することが多いと前述で述べました。アパレル事務を志すならまずは派遣会社に登録することから始めましょう。この際情報量の多い大手の派遣会社に登録するのも良いのですが、希望の企業が中小企業であった場合にはアパレル業界専門の派遣会社に登録した方が詳細な情報を得やすいです。

派遣社員と聞いて福利厚生や待遇に不安を感じる方は「紹介派遣」という形の派遣を利用してみるとよいでしょう。紹介派遣は一定の雇用の後に、雇用者と派遣者とが合意に至れば正社員登用になる、というものです。

憧れのアパレル企業で働いてみたいけれど派遣社員は不安、という方は是非検討してみて下さい。

アパレル事務に必要な資格はある?

 
アパレル事務になるのに必要な資格は特にありません。ですが文書や資料の作成を任されることが多いので基本的なパソコンスキルがあると有利です。Word、Excel、PowerPointの基本的な作業が出来るだけでも任される仕事に差が出てきます。

経理事務なら商業簿記を取得していると有利ですし、今後の正社員登用や昇給も望めます。前職(現職)で経理や総務に所属していた方なら重宝されるでしょう。

事務職が全く未経験の方でもチャレンジして損はありません。確かに転職で求められることは「即戦力」ですが、一番大事なのは積極性です。任せられた仕事を確実にこなしつつ、自分の出来る業務を増やしていこうとする意欲があれば雇用先企業も一目置くことになるはずです。

事務職からの転職

他業種ですでに事務職として経験を積んでいれば、転職してからも多くの仕事を任されることになるでしょう。企業によって事務職にふられる業務が違うので戸惑うこともあるかもしれませんが、謙虚な姿勢で学ぶことが大事です。

また採用先企業のブランド、服が好きなことも重要です。思い入れのある企業で働くというだけで仕事に臨むモチベーションが違ってきます。他業種での事務では無かった消費者、お客様からの感謝の言葉を頂くこともあるでしょう。

アパレル企業で働くメリットとして、従業員割引が利くということが挙げられます。それを考えても自身の好きなブランドに関わる仕事をすることは有意義なことです。オフィスで働く事務職ではあれ、ファッションに関わる仕事なので華美になり過ぎなければ服装やネイルも自由なことも魅力です。

前職(現職)で制服に縛られて仕事をしていることにストレスを感じている方はアパレル企業への転職を考えてみましょう。好きなブランドの服に身を包み、オシャレを楽しみながら仕事に臨めますよ。

まとめ

アパレル事務は小さな作業の繰り返し、積み重ねが仕事です。成果や自身の成長を感じにくいかもしれませんが、自分の働きが好きなブランドを支えていると思えばモチベーション高く職務に臨めるはずです。

また自分と同じように、ブランドのファンであるお客様がより満足するために頑張れることでしょう。

人の前に立つのは苦手だけどファッション業界で働きたい。人のサポートにまわることが好きな方。コツコツと作業をこなすのが得意な方は是非アパレル事務への転職をオススメします。

  1. アパレル事務は各部署、各ポジションのサポート役
  2. アパレル事務の仕事は多種多様で企業によって内容が異なる。
  3. アパレル事務への転職は派遣社員としての入社が多い。
    正社員登用も十分望めるので積極性を見せて職務に励もう。
  4. 他業種の事務職と比べアパレル事務は服装も自由で社員割引が利くことも多い。
    オシャレを楽しみながら仕事をしたいなら挑戦してみるべし。